看護師が内視鏡検査技師になるにはどうすればいい?仕事の違いや資格について

看護師のキャリアアップ資格「内視鏡検査技師」

内視鏡検査技師は看護師が一歩ステップアップできる資格として人気のある資格です。

資格取得にはそれなりの苦労が伴いますが、専門性が高く資格を持っている看護師も少ないので大きなキャリアアップにはなることでしょう。

特に近年は、健康ブームで人間ドッグなど検査をしっかりと行うような病院が増えていますから、需要もあります。

そこで本記事では、看護師が内視鏡検査技師になるにはどうすればいいかまとめてみました。

内視鏡検査技師の仕事

内視鏡検査技師は消化器官の内視鏡検査と治療に携わる仕事です。

内視鏡の扱いは非常に繊細で慎重な作業が求められるため、必要な知識とスキルを備えた専門職が求められるのです。

検査技師という名称がつけられていますが、検査そのものだけでなく広い意味での治療の介助にも携わります。

とくに重要なのが検査を行う前後の処置です。

患者ができるだけ不快感を覚えることなく内視鏡を使用する検査・治療を行うことができるよう、適切な処置を行うことが求められます。

内視鏡検査や治療は不快な思いをすることが多いというイメージがありますが、実際にそうなのかどうかは検査技師が適切な仕事ができるかどうかにかかっている面もあるのです。

さらに使用する器具の消毒、洗浄、使用しないときの機器の管理なども重要な仕事となっています。

こうした仕事内容は看護師とも通じる部分がありますが、専門的な器具を取り扱うという点と、行う業務の範囲が大きな違いと言えます。

内視鏡検査技師の資格を取得するには

内視鏡検査技師に就くためには資格を取得する必要がありますが、これには2つの種類があります。

第一種内視鏡技師と第二種内視鏡技師です。

どちらの取得を目指すかにも資格試験に合格する必要があるのですが、まずは受験資格を満たしている必要があります。

これには第一種対象者と第二種対象者の2種類があり、看護師は第一種、准看護師は第二種に分類されます。

ちなみに第一種対象者にはほかに助産師、保健師のほか臨床検査技師、診療放射線技師、薬剤師、衛生検査技師、臨床工学技師も含まれています。

さらに加えて実務経験などの条件も課されます。

医療機関において消化器内視鏡部門において日本消化器内視鏡学会の専門医のもとで2年以上の実務経験があるうえに勤務する施設から推薦と証明を受けていることが必要です。

加えて所定の講義、セミナーを受講していることも条件となっています。

このように、看護師からこの職業に就くルートも用意されていますが、そのためにはまず試験に受験するための条件をクリアしたうえで合格する必要があります。

実務経験を含め、まずは受験できる状況を作れる職場探しが求められるでしょう。

おすすめ転職サイト

さて、実際に転職しようと考えている方に、特にオススメしたい転職サイトがリクルートグループの「ナースフル」です。

知名度が非常に高いので、名前くらい聞いたことがあったり、先輩や友人が使っていたなんてことも多いのではないでしょうか。

転職支援で圧倒的な人気を呼んでいる「リクルートグループ」の看護師専門転職支援サービスになります。

オススメの理由は、大手がゆえの圧倒的な情報収集力。

「業界最大級の求人案件数!」と自らアピールするだけあって、求人情報が圧倒的に多く、たくさんの中から比較検討できるため、自分の希望条件にあったものに出会いやすいのです。

また、経営的にも余裕があるからか、担当コンサルタントが押し付けがましくないのも良いです。

人によっては、今の職場のまま、無理に転職しない方が良いこともあるのですが、客観的な立場からそう進言してもらえるのはとてもありがたいですよね。

正直、ここに登録してもなかなかうまくいかない方が、他を探すのはわかりますが、最初からここに登録しないで他へ行ってしまうのは無駄足だというくらい、鉄板のサービスだと思います。

転職検討中の方で、まだナースフルに登録されていない方は、是非一度サイトを見てみることをオススメします。

 ↓ ↓ ↓

関連記事

認定IVR看護師

認定IVR看護師になるには?受験資格や合格率が気になる!

専門看護師の認定分野

専門看護師の役割や給料、なるにはどうすればいい?

循環器専門ナースになるには?どこで研修が受けられるの?

保健師になるには?

保健師になるには?求人情報はここで見つけてください!

看護師長の役割と年収

看護師長の役割や年収、やりがいってどう?

看護師としてのキャリアアップを目指すには

看護師の転職キャリアアップ方法