看護師が救命救急士になるにはどうすればいい?仕事の違いや受験資格について

看護師と救命救急士の仕事の違い、看護師から救命救急士になるためにはどうすればいいか?(受験資格があるのか?)

看護師だけど、もっと人の命を助けるような仕事がしたい、キャリアアップしたいといった考えから救命救急士の資格について取得を検討されている方もいらっしゃると思います。

しかし同じ医療系の仕事とは言っても、看護師と救命救急士は資格が違うのはもちろん、実際に行う処置や行為など労働条件や仕事に大きな違いがあります。

そこで本記事では改めて、看護師が救命救急士になるにはどうすればいいか?についてまとめてみました。

救命救急士が行う医療行為や処置は看護師とどう違うのか?

救命救急士は救急車に同乗したうえで心配停止など命にかかわる重篤な症状を抱えている患者に対して救命活動を行う仕事です。

急性心筋梗塞な脳梗塞などは、いかに早い段階で適切な処置を行うことができるかが生存率に大きく影響しますし、病院に搬送されるまでの間に助かるかどうかがほぼ決まってしまうケースも少なくありません。

それだけに救命救急士の役割は非常に重要なものとなります。

この救命救急士の大きな特徴は行うことができる医療行為が救急救命に必要な範囲内に限定されていることです。

もともとこうした救急救命に関わる医療行為は医師にしか許されていませんでしたが、それではあまりにも効率が悪すぎるということで1991年に誕生したのがこの職業です。

そしてこの特徴は看護師との大きな違いでもあります。

看護師は注射や点滴、痰の吸引といった限られた医療行為を行うことが可能ですが、救急救命に関わる行為に関してはほとんどが許されていません。

それに対して救急救命士は心配停止を起こした状態に行う電気ショック、気道を確保するための気管挿入、緊急の場合に必要とされる薬剤の投与といった行為が許されています。

このように、この2つの職業の間にはまず行うことができる業務の範囲に違いがあるのです。

そしてもうひとつ、基本的な違いもあります。救急救命に携わる看護師は医療機関に所属・勤務しているのに対し、救命救急士は消防署に属している点です。

救急車そのものが消防署から出動するわけですから、看護師が救急車に同乗するケースそのものがないわけです。

救命救急士になるための受験資格

救急救命士になるためには国家資格に合格して資格を取得する必要があります。

そしてそのためにはまず受験資格をクリアすることが大前提となっています。

具体的には所定の養成所で必要なカリキュラムをクリアするか、消防間採用試験に合格して一定期間の実務経験を積むことが必要です。

いわゆる実習ですね。

ですから看護師の資格を取得していてもこの仕事にすぐに就くことはできないということになります。

また看護師の資格やキャリアが資格を取得する上で有利になったり、受験資格において優遇措置を受けられるといったこともなく、ゼロからスタートする必要があるわけです。

特に難しいのは養成学校に通いなおす必要があることでしょう。

働きながら通って勉強するというわけにはいかず、看護師のキャリアを断っていちから目指さなければなりません。

こうした点からもこの2つの職業はまったく異なる領域に属していることがわかりますし、求められるスキルや知識にも大きな違いがあることをうかがい知ることができます。

救命救急士の年収は?

ちなみに救命救急士の年収も、看護師と違う軸で計算されますので、注意が必要です。

看護師から救命救急士へ転進される方は、わりとやりがい重視で、お給料のことは気にされない方が多いのですが、ハードワークを支えるきちんとした生活ができないと続きませんので、こちらもぜひチェックしておいてください。

基本的に、救命救急士は前述の通り消防署所属のため、「地方公務員」という扱いになります。

このため、若いうちは低いが、いわゆる年功序列で長く勤めるほど年収が上がっていくと思ってください。

また、出勤ごとに手当てがつきますので、頑張れば頑張るほど、お金にも還元される仕組みになっています。

具体的な平均年収は消防署勤務ということからの推測値になりますが、718万円(平成27年度総務省公務員実態調査より)。

正看護師の平均年収が561万円(平成27年度人事院統計書調べ)とも言われていますから、それよりは高い水準が期待できます。

ハードワークに見合うか、年齢が上がっても続けられるかという問題はありますが、額面だけ見れば比較的好条件ですよね。

看護師が救命救急士になる知識習得や合格の壁は?

以上のことから、看護師が救命救急士になるには、同じ医療の仕事といえ、一から出直すくらいの覚悟を持って挑む必要があると言えます。

今一度、自分の胸に「どうしても救命救急士になりたいか」をよく聞いてみて、是が非でもということでしたら迷わず進むべきですが、ちょっと迷いがあるようでしたら、今の看護師のまま、例えば転職するなどして自分の理想の看護が出来ないか検討される方が良いかもしれません。

しかしそれでも救命救急士になりたい場合、オススメしたいのが、資格取得を後押ししてくれるような職場へ転職することです。

たとえ貯金がある方であっても、しばらく収入がなくなるのは不安だと思います。

世の中には看護師が働ける場所はたくさんありますので、今より勤務時間が短かく、かつ十分な給料を得られる職場を探し、仕事を続けながら資格取得に励むということも可能です。

例えば、大手企業に専属して働く企業看護師(産業看護師)。

こちらは、一般企業のサラリーマン・OLのような日中・土日休みの働き方で、残業などが基本的に無いため、ワークライフバランスが取りやすい職場として人気です。

こうした勤務先であれば、勤務後の空いた時間を自分の勉強に当てることができるのではないでしょうか。

なるべく負担なくステップアップができるように、選択肢の一つとしてぜひ検討してみてください。

尚、そういった好条件の職場へ転職を望まれる場合にぜひ一度話を聞いてみると良いのが、ナースフルという転職エージェントです。

有名なので名前くらい聞いたことがあるかもしれませんが、ここは看護師の転職支援で非常に評判の良い会社です。

リクナビなどで有名な転職サービス業界最大手のリクルートグループが運営するだけあって、圧倒的な求人情報数で、正直、他を探す必要がなくなります。

ぜひ参考にしてみていただければ幸いです。

 ↓ ↓ ↓

関連記事

専門看護師の認定分野

専門看護師の役割や給料、なるにはどうすればいい?

産業保健師が求められています

産業保健師になるには?求人情報はここで見つけてください!

看護師が介護支援専門員を兼務するメリット

看護師が介護支援専門員を兼務するメリットとは?

看護師としてのキャリアアップを目指すには

看護師の転職キャリアアップ方法

看護学士になるメリットは?

学士(看護学)を取得するメリットって?転職に有利になりますか?

保健師になるには?

保健師になるには?求人情報はここで見つけてください!