メディカルライターになるには?仕事内容と求人募集の探し方

メディカルライターになるには?仕事内容と求人募集の探し方

薬剤師など、メディカル業界で資格のある方が、そのキャリアを生かせる職種の一つにメディカルライターがあります。

ライターと名の付く通り、文章で伝える仕事ですが、特に薬事医療関係のことを扱うために専門的な知識が歓迎されます。

資格は不要なので、国家資格取得者でなくてもなることはできるのですが、例えば薬剤師であれば、薬事法で規制されている範囲内で医薬品を広告する文章などを求められるため、薬剤師として培ってきた知識が生かしやすく、求人企業側も資格保有者を積極的に欲している所があるようです。

調剤薬局やドラッグストアあるいは病院などと違った、穴場的な転職先になりますので、とりあえずどんな仕事なのかだけでもチェックしておくと良いと思います。

本記事で、メディカルライターの仕事内容や求人募集の探し方などについてまとめましたので、ご活用ください。

メディカルライターの仕事内容

健康や医療に関係する専門的な情報を発信するメディカルライター。

仕事内容は主に専門家を対象に文章を作成して情報を伝える仕事です。

メディカルライターは、通常のコピーライターと違って文章力だけでなく薬事医療に関する専門用語の知識が求められます。

このために、医療業界に従事した経験がある方、医療に詳しい方などが多くなっており、薬剤師が歓迎される要因にもなっています。

実際の仕事について一例をあげますと、新薬開発の承認申請の際に、薬事法のガイドラインに基づいて治験実施計画書や症例報告書などの文章を作成するような内容があります。

また時には、関係者へインタビューして、その内容をまとめあげるということもあるでしょう。

大衆の病気予防や健康改善のサポートについて、文章の力で貢献する役割を担う仕事なのです。

メディカルライターの業務に経験は必要?

メディカルライターは基本的に一般企業などに就職して、パソコン事務作業が中心となります。

調剤薬局やドラッグストアでの仕事が比較的外交的な仕事だとすると、こちらはかなり内向的な業務といえるでしょう。

少なくとも患者さんと直接話す機会は少なくなってくるものと思います。

このため接客が苦手だとか、ずっと立ち仕事はつらいという人には良いかもしれません。

半面、一日中パソコンとにらめっこするようになりますし、締め切り前は忙しくなるといった特徴もありますから、それが問題ないかはよく考えておく必要があります。

ただ、コピーライターとしての経験はなくても構わないことが多く、未経験でも挑戦しやすいでしょう。

メディカルライターの給与は?

次に、気になるメディカルライターの給与相場について見ていきましょう。

基本的には企業勤務となりますので、一般的なサラリーマン・OLさんのような給与体系となりますし、福利厚生なども企業次第のところがあります。

当然、比較的高収入で知られる製薬会社などへの所属であれば、それなりの金額が見込めるはずですし、逆に小さな出版社などであれば給与は低い水準となってしまうかもしれません。

しかしもちろん、国家資格保有者でありますので、その企業に新卒などで採用された一般の社員よりは高い相場であることがほとんどです。

具体的には30代で年収600万円というのが一つのボーダーラインで、これより高いか安いかで求人情報を見てみると良いかと思います。

尚、転職の場合は直近の職場での給与を考慮してくれるケースが多いですので、今の職場での給与に満足している場合、採用面接の際にそれを伝えてみるのも良いと思います。

メディカルライターの求人募集はどこで見つけるの?

さて、メディカルライターの仕事は無資格でも就くことが可能ですが、求人によっては医療業務歴が3年以上など、条件がある場合もあります。

一般的な求人サイトでも募集がされていますが、専門的な仕事のため求人自体は数が少ないです。

こまめな情報チェックが欠かせません。

自力で探すのは大変ですから、メディカル業界を専門とした転職エージェント経由で、薬事医療業界経験者としてのアドバンテージを生かして探されるのが良いと思います。

最近の転職支援サービスはサポート体制がとても手厚くなっていますから、希望だけ伝えておけば自分で探す手間は必要ありませんし、交渉なども代行してくれるので楽に転職できますよ。

その中でも、オススメの転職エージェントはリクナビ薬剤師

前述の通り、メディカルライターの募集は非常に希少性が高いので、中小規模のエージェントでは案件を取り扱っていないケースも少なくありません。

しかし、求人情報の数が絶対的に多い大手情報網を使って検索すればニッチなメディカルライター職であっても選べるくらいいくつか出てきますから、自分に好条件な求人に出会いやすくなります。

実際にメディカルライターになるかどうかの判断は、どんな求人があるかをチェックした後で構いませんので、悩む前に一度登録してみて、軽く探してみるのが良いでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

年収700万円以上の好条件求人は?

目指せ700万円以上!高給与が狙えるおすすめ職場

スキルアップできる転職先

薬剤師がスキルアップできる転職先

研修認定薬剤師

研修認定薬剤師になるメリットとなる方法

研修制度のある企業

研修制度充実企業の魅力的な薬剤師求人

HIV感染症専門薬剤師の仕事と役割

HIV感染症専門薬剤師の仕事と役割

臨床薬剤師の資格と年収

臨床薬剤師になるには?資格と年収など